新型ウイルス感染防止に伴う、店舗休業について

カテゴリー

ブランド

探す/コンテンツ

  • 詳細検索
  • クリアランスセール
  • 特集
  • メンテナンス・お手入方法
  • マテリアル・素材一覧
  • ムービーシアター
  • よくあるご質問

TOP > すべてのアイテム > コーディネート一覧 > No.20190425 オピアムの話。

No.20190425
オピアムの話。

通常価格0円
0円(税込)

[ 送料込 ]


   
商品についてのお問い合わせ
コーディネート

オピアムの話。

私たちのアイコンでもあるオピアムソファ。
何度かのリニューアルを経て、今年で発売10周年を迎えました。
新作モデルも登場していますが今回は原点に立ち返って
スタンダードモデルについてです。

本革にこだわったブランド、tabu(タブー)を立ち上げる きっかけにもなった定番のオピアムには、販売当初より変わらず 表面を少しだけ起毛させたオイル仕上げのアニリンレザーを使用しています。顔料による着色ではなく、革自体を染め上げている仕上げのため 革本来の質感や重厚感はもちろん、本革の証でもあるナチュラルマークが入っているものもあります。

コーディネート

そして、オピアムを象徴するその独特のフォルムの形成にもこだわりが。 ピンと張られた革のしなりやカーブの表現など 限られた熟練の職人でしか再現できない技巧がつまっています。
タータンチェックやシックでカラフルなハンドクッションも オピアムの象徴的なパターンです。イタリアンメイドのパターンは 甘すぎず品があり、オピアムのスパイスとして効いています。

コーディネート

使用約8年、ビンテージの風格

購入時のオピアムは若干毛並み感のあるマットな風合いですが、使用していくにつれて艶が生まれ、深い色合いに変化していきます。 どのように育っていくかは暮らし方やメンテナンスの有無など、使う人によって何通りにも変化します。 これが革の最大の特徴でもあるエイジングです。 上記の写真は使用約8年、メンテナンスを一回も施していない使用例です。 飴色に変化し、しわや傷も個性として、このオピアムだけの風合いを作り出しています。

コーディネート

オピアムの中性的なデザインはかっこよくも甘く、テイストを限らずに暮らしのアイコニックなアイテムとして彩りを加えます。
使う人とともに変化し、永く暮らしに寄り添っていくもの、そこで過ごした時が刻まれ愛着が湧くもの。
日々の暮らしとともに経年変化を楽しみながら、我が家のビンテージ家具として育てていく楽しみがオピアムにはあります。