暮らしに合ったソファーの選び方

暮らしに合ったソファーの選び方 クラッシュゲート メインイメージ

リビングの主役になるソファー。サイズや形は様々ですが、買った後に「失敗したかな・・・」「なんか使いにくい・・・」なんて考えたくないですよね。
何度も買うものではないのでなるべく失敗したくない!という方のために、納得したものを選んでいただけるようソファー選びのポイントをご紹介します。


1. お部屋に合うサイズを選ぶ

2. デザインや形を選ぶ

3. 張地を選ぶ

4. 他の家具とのバランスを考える

[番外編] ソファーのコーディネートを考える



1. お部屋に合うサイズを選ぶ



まずはお部屋に最適なソファーのサイズを確認しましょう。デザインや色味はもちろん大事ですが、そもそもお部屋に置けなかったら困りますよね。サイズ選びは間取りだけでなく、ソファーを置いた後のレイアウトや搬入経路にも関わってきます。(搬入経路についてはこちら)

ソファーはお部屋の中で、ひときわ存在感を放つ家具なので、他の家具とのバランスを考えることも選び方の大事なポイントです。
ソファーにおける一人あたりの占有幅はおよそ60cmが目安なので、「家族・来客が多い」「1人暮らし」「飲食店で使う」など、それぞれのライフスタイルやシーンに合わせたサイズ選びが重要になってきます。

1人掛けソファー

1人掛けソファー ~約110cm

コンパクトサイズのものが多く、場所を取らないのでお部屋に圧迫感を与えず、空間を広く使うことができます。書斎などのくつろぎ空間にもおすすめ。


商品一覧はこちら商品一覧はこちら

2人掛けソファー

2人掛けソファー 約110~185cm

他のサイズに比べてお部屋に合わせやすいソファー。1人掛けでは物足りないけど3人掛けは置けない、ちょうどいいサイズをお探しの方におすすめです。


商品一覧はこちら商品一覧はこちら

3人掛けソファー

3人掛けソファー 約180cm~210cm

お部屋の主役になる存在感。肘なしタイプは大人の方でもゆったり寝転ぶことができるほどの大きさ。空間にゆとりがあり、複数人で座るときも広い座面でゆったりくつろぎたい方におすすめ。


商品一覧はこちら商品一覧はこちら

L字ソファー/カウチソファー/コーナーソファー

L型ソファー 約200cm~

大人数での利用にぴったり。足を伸ばして座れるので、3人掛けよりもさらに、ゆったりくつろげます。カウチの向きはお部屋に合わせやすいよう、左右に対応しています。


商品一覧はこちら商品一覧はこちら



2. デザインや形で選ぶ



サイズが決まったら次は形やデザイン。お部屋にソファーがあったらどんなふうにくつろぎたいですか?
「ソファーで横になりながら読書をしたい」「テーブルを置いて食事や仕事をしたい」など、「部屋にソファーがあったらどんな生活にしたいかな?」と想像しながら自分のライフスタイルに合ったデザインを探してみましょう。

フーバ ソファー

奥行きが深いソファー

横になってゲームをしたり、あぐらをかいて映画を見たりなど、いろんな体勢でくつろぎたい方におすすめ。身長が高い方や正面を向いたまま横になりたい方は、肘無やカウチタイプのソファーを選ぶとよりゆったりとくつろげます。


フーバ ソファーフーバ ソファー

トリム ソファー

奥行が浅いソファー

姿勢が崩れにくいので長時間座るのに適しています。テーブルに置いているものが取りやすく、ゆっくりコーヒーを飲みながら読書やPC作業するのもいいですね。立ち座りがしやすいのでダイニングシーンにもおすすめです。


トリム ソファートリム ソファー

アルネ ソファー

座面高が高いソファー

立ち上がりが楽になり、足に負担がかかりにくいのが特徴。座面下が床と離れているので掃除がしやすく、お掃除ロボットの高さを気にする必要がないのもいいですね。本体高は比較的高いものが多く、空間の仕切りになるようなデザインです。


アルネ ソファーアルネ ソファー

テット ソファー

座面高が低いソファー

本体の高さも低い場合が多く、サイズ問わず空間を広く感じることができます。全体的にどっしりとした印象になりやすく、見た目の安定感は抜群。地面近くで深く腰かけるようになるので、床に座る生活が好きな方にもおすすめです。


テット ソファーテット ソファー



3. 張地を選ぶ



もしかするとソファー選びの中で一番の難所かもしれない張地選び。
お手入れのしやすさ、経年変化、お部屋全体の色味との相性など、見た目だけでなく自分のライフスタイルのことも考えながら選んでいくことになります。
クラッシュゲートはいろんなテイストの生地を取り揃えており、その中から3つの素材を紹介しましょう。


ナチュラルテイスト イメージ

ファブリック

クラッシュゲートのソファーに使われているファブリックのほとんどは 、 一からパターンや織り方などを指定した特注の生地を使用しています。ストライプやチェック柄のような個性的なもの、キャンバスやデニムのように丈夫で通気性が高いものベルベットやコーデュロイなど風合い豊かなものをはじめ多種多様なファブリックを取り扱っています。


ナチュラルテイスト イメージ

本革(レザー)

高級感と重厚感のある空間を演出してくれます。クラッシュゲートで使用している本革(レザー)は肌触りがよく、主にオイルレザーやアニリンレザーと呼ばれています。顔料を使わずに染め上げているので革本来の表情を活かし革特有の経年変化を楽しめるのが特徴です。

中には「本革は夏はベタつくし、冬は冷たい」と思う方もいるかと思いますが、それは天然素材である証。部屋の温度に合わせて表面の温度が変わるので、お部屋の温度を整えてあげればそんな不安も解消してくれます。


ナチュラルテイスト イメージ

レザーファブリック

転写技術を駆使することでナチュラルレザーの表情と柔らかい感触を再現した「レザーテックス」や、生産過程で出た革の端切れを樹脂で固めて裏地として使用した「リサイクルレザー」など、革に近い風合いを持った素材。
本革のようなしぼ感や濃淡を細部までこだわって表現し、起毛させることで手触りもしっとりとしています。通気性もよくファブリックと同じような扱い方ができるので、ファブリックと本革のいいとこ取りをしたような、お得感もこの素材の魅力の一つです。



4. 他の家具とのバランスを考える



ナチュラルテイスト イメージ

ソファー前のリビングテーブルやテレビボード、ダイニングには食卓テーブルとチェアなど、ソファーの周りにも様々な家具を置くと思います。ソファーのことだけを見ていると他の家具とのバランスが悪かったり、人が行き来する生活導線が取れていなかったりするかもしれません。これから紹介する2つのポイントを抑えて快適なコーディネートを考えてみましょう。

フーバ ソファー

ソファー周りの導線

ソファーの周りは上の図のように50cm以上のスペースを空けることで、人ひとりが通れるスペースを確保できます。60cm~80cmほどのスペースがあれば家具同士が詰まっているように見えず、よりゆったりとした生活空間をつくれるので全体のバランスを良くなります。
お部屋のスペースは限られているので、まずは生活導線が確保できるかを確認してみましょう。

トリム ソファー

ソファー前のテーブルまでの距離

ソファー前にリビングテーブルを置く場合、ソファーの奥行や座り方によってスペース確保の幅は異なります。上の画像のようにゆったり深く腰かけたい場合には、50cm前後のスペースを確保することで足を伸ばしやすくなります。
逆にソファーに浅く腰かけたり、テーブルのコップや本を取りやすくしたい場合には30~40cm前後スペースを確保してあげましょう。


ニュースタンダード イメージ

デザインだけでなく、置いた後の暮らしやすさや居心地の良さを考えることも家具選びで重要なポイント。ソファーはお部屋の主役なので、周りの家具とのバランスを考えて選んでみてください。
お店などで見るとトータルでコーディネートされており、大きいサイズでもお部屋に入りそうと思いがち。ですが日本家屋は欧米などとは違い各部屋が比較的小さいので、もし迷ったときは自分が必要だと思うサイズのワンサイズ下を選びましょう。



[番外編]ソファーのコーディネートを考える



ソファーを使ったコーディネートも様々。ソファ単体で使ったり、異なるサイズと組み合わせたり。これまでに紹介したポイントもふまえ、お部屋にぴったりのお気に入りのコーディネートを見つけてください。


フーバ ソファー
トリム ソファー

すべてのソファはこちらすべてのソファはこちら

現在登録されている商品はありません。

コーディネート一覧

インテリアコーディネートの
実例・事例を掲載中!

詳細はこちら

#style_crash