ダイニングソファ メリットとデメリット|ベンチを合わせたコーディネート

トップ画像


まず初めに、リビングダイニングソファ(LDソファ)って?と思ってる方もいらっしゃると思うので簡単に説明します。

くつろげる空間(Living)+食事の空間(Dining)をまとめて、コンパクトに使用できるソファの事を指します。

ゆっくり過ごせるソファと作業しやすいテーブルを合わせたダイニングセットは、食事もできて、くつろぐスペースとしても利用できるため、限られたスペースしかないけど、ソファもダイニングセットも置きたいという方におすすめです。

CHAPTER LIST


■リビングダイニングソファの4つのメリット

レイアウト自在!狭いリビングも、広々有効活用

L字型ソファは分割したレイアウトも出来る!

ベンチの魅力は色んな方向から座れる

お掃除が簡単に!


■リビングダイニングソファの3つのデメリット

沈みすぎるソファは作業がしにくい

他のチェアやテーブルは合わせるときは高さに注意

チェアに比べると出入りがしにくい場合もある


■おすすめダイニングベンチ4選

グレスベンチ

ダントンベンチ

トリムベンチ

マコーベンチ


 

リビングダイニングソファ、4つのメリット


レイアウト自在!狭いリビングも、広々有効活用

リビングダイニングソファの魅力は、食事とくつろぐ場所を1箇所にまとめることで部屋全体を広々有効活用できることです。 背もたれ付きのソファとベンチを組み合わせることで、ベンチをテーブルの下に収納するとよりお部屋がすっきりとした印象になります。 小さいお子様がいらっしゃるご家庭は、ソファやベンチを置く事でお子様との距離感も近くなり、食事のサポートがしやすくなります。
LDイメージ

L字型ソファは分割したレイアウトも出来る!

L字型ソファは足を伸ばして本を読んだり、テレビや映画を見たりゆっくり過ごしたい方におすすめです。
普段はL字型ソファでゆっくりくつろげるように配置、来客がある時は対面に置き方を変えるなど、人数に合わせて変更できます。 一つに座れる人数が限られていないので、座る人数にあわせてレイアウトを変更できるのもポイントです!


L字型レイアウト

対面レイアウト

ベンチの魅力は色んな方向から座れ、生活スタイルに合わせてレイアウトが自由自在。

背もたれのないベンチは前後左右どこからでも座ることができます。毎回椅子を引かなくてもいいので、床に傷が入る心配も減ります。 またソファに比べるとコンパクトなベンチは、部屋の色々な場所へ移動することができます。生活スタイルに合わせて移動できるのはとても便利ですね。  ベンチレイアウト

お掃除が簡単に!

ベンチはソファに比べて簡単に動かすことができる手軽さがあります。 なのでテーブルの下の掃除機がかけにくい、ルンバが通りにくいというストレスから解放されます。



リビングダイニングソファ、3つのデメリット


沈みすぎるソファは作業がしにくい

リビングダイニングソファは、食事や作業をする事も加味して沈み込みすぎないことが1つ目の選ぶポイントです!
一般的なソファにはフェザーをたっぷり使って、体を包み込んでくれるようなソファもある為、ソファは硬めがお勧めです。 くつろぐ場合は良いのですが、沈み込んでしまうとテーブルを高く感じてしまって、食事や作業をしにくく感じる場合があります。

LDイメージ

他のチェアやテーブルは合わせるときは高さに注意

ソファの座面の高さに合わせた、天板の高さが低めのダイニングテーブルを選ぶことが2つ目のポイントです!
一般的なダイニングテーブルやチェアに比べると、リビングダイニング用のテーブルはソファに合わせた高さで設計している場合が多いです。
・一般的なダイニングテーブルの高さは70~75cm
・リビングダイニング用のテーブルの高さは65cm程度で設計されている事が多い
その為、リビングダイニング用の低めのダイニングテーブルに一般的なダイニングチェアを合わせるとテーブルが低く感じてしまいます。 逆にリビングダイニングソファに、高さが70cm程度のダイニングテーブルを合わせると、テーブルを高く感じてしまいます。


チェアに比べると出入りがしにくい場合も

合わせるダイニングテーブルの脚の形が3つ目のポイントです!
リビングダイニングソファは2人掛けが基本的に多く、出入りが多い場合はテーブルの脚に足が当たってしまい使いづらいと感じるかもしれません。 この場合、合わせるテーブルの脚がT字だとテーブルの脚が出入りする際に当たらないのでストレスを感じにくくなると思います。 自分の生活スタイルに合った組み合わせ方で、ダイニングソファ、テーブルを選ぶことをお勧めします。

LD硬さ



おすすめダイニングベンチ4選


CRASHのおすすめベンチを4つご紹介!ベンチを選ぶ際の参考にされてください。

グレスベンチ

  • グレスグレイ
  • グレスグレイ寄り

座面がマジックテープで繋がっているので取り外しが可能な為、間に挟まったゴミなどお手入れも簡単です。 生地の種類も選んで頂けるので、自分好みのベンチをお選びいただけます。



ダントンベンチ

  • ダントンベンチ
  • ダントンベンチイメージ
  •  
ソファほど柔らかくなく、チェアほど硬くない、中間の座り心地を探されている方にぴったりです。 サイズが小さく、高さが低めの設計になっているので、テーブルの下に収納しやすいのもポイントです。 特徴的なスチール脚で、お部屋を一気に垢抜けさせてくれます。     
  • トリムベンチ
  •  

重厚感のあるシートを、細足のスチールで引き締めた絶妙なバランスが特徴的なデザインのベンチ。 張地に使用している「スーパーレザーテックス」は通気性・耐摩耗性など、革にはない優れた機能性を持つ素材。ダイニングシーンにぴったりの機能的な新素材です。

     

マコーベンチ

  • マコーベンチ
  • マコーイメージ

すっきりとしたデザインのソファベンチ。 ワンポイントのステッチと、スチール角脚がシャープな印象を与えてくれるので、空間の妨げにもなりません。 奥行きが広めでゆったりくつろげるので、座るだけでなく、横になって本を読んだり、テレビを見たりもできるベンチです。 革の風合いを表現した「ユーロテック(ET)」は、紫外線や汗による変色や引っ掻き、表面剥離にも強く、高い耐久性がある素材です。 小さいお子様がいるご家庭にもおすすめです。

      

16件中 1-16件表示

グレス 1人掛け ソファー

¥ 38,500 税込

グレス 2人掛け ソファー 片肘《大型商品》

¥ 77,000 税込
16件中 1-16件表示

コーディネート一覧

インテリアコーディネートの
実例・事例を掲載中!

詳細はこちら

#style_crash

Special

家具、雑貨、スタイリングなどの
特集を紹介中!

特集一覧はこちら