ようこそ {@ member.last_name @}
{@ member.active_points @}pt

スマホで試し置き!クラッシュの商品がARに対応!!

AR試し置きバナー


実際に家具を注文しようとするとき、デザインや価格と同じぐらい悩む点が「サイズ感」ではないでしょうか。

「お店でいい家具見つけたけど、実際に家に置いたときどうなんだろう・・・」
「サイズ感がわからないし、部屋が思ったより狭くならないか不安・・・」


ちゃんと間取りと商品のサイズ測って「これはいける!!」と思っていても、実物を置いてみないとやっぱり不安なものです。

この度クラッシュゲートでは、人気のソファーを3D化し、スマホのカメラを用いたAR(拡張現実)機能を駆使してお家で簡単に家具を置いてみる機能を導入しました!!

下部の対象商品を実際にお家で試し置きしてみて、お気軽に商品を選んでください!

操作方法

①何もない広い場所で一回床にカメラを向けて、平面(床)を認識させます。平面(床)の認識が完了すると、3Dオブジェクトが出現します。

②出現した3Dオブジェクトを、平面上で自由に移動させることができます。
※①で検出した平面上にオブジェクトが存在している状態なので、上下の回転はできません。)

③3Dオブジェクトを二本指で時計回り、もしくは反時計周りに動かすことで、横に回転させることができます。

④3Dオブジェクトを二本指でピンチイン、ピンチアウトと同じ動作で縮小、拡大することができます。1/10から10倍の大きさまで縮小拡大させることができます。

※拡大縮小をすると、3Dオブジェクトの上に出現させたオブジェクトの大きさと比べて〇〇%、という表記が出るので、そこで大きさを認識できます。)

※拡大縮小を行った3Dオブジェクトは一本指でダブルタップすることで、実寸大(100%の大きさ)に戻すことができます。

特集一覧に戻る特集一覧に戻る

5件中 1-5件表示
5件中 1-5件表示