ABOUT

CAUTION&MAINTENANCE取り扱いとメンテナンスについて

CAUTION:

MAINTENANCE:

CAUTION

古材の特性と風合いを生かし表現するような加工を施しています。そのため、以下のような特徴がありますことをご理解ください。

 

天板の凹凸 / 木材の表情が一点一点異なる / 時間をかけて変色したような色の濃淡

割れや、釘穴、連結穴の跡 / 板の継ぎ目が浮き出て見えるようなライン

 

見方によっては長く使っていくことを心配される箇所もありますが、強度的には問題ありませんので、安心してお使い頂けます。

ビンテージやアンティーク調に仕上げた製品は経年変化を感じられる風合いに仕上げております。以下のような特徴がありますことをご理解ください。

 

天板の凹凸 / 時間をかけて変色したような色の濃淡 / 塗装が剥げたような仕上げ

木材・スチールの表情が一点一点異なる / 錆がついたような仕上げ

冷暖房器具の吹き出し風が当る場所、直射日光が当たる場所などに置くと、木部の反り、ひび割れ、変形、変色の原因になります。

高温多湿の場所には設置しないでください。カビやダニの発生、また、木部の反りや割れの原因になります。

アルコール、シンナー、ベンジン等、有機溶剤を含むものを使用しないでください。変色、変形の原因になります。

ケバやササクレの除去は特に注意して生産しておりますが、ご使用いただく前に一度お確かめ頂き、万一残っている場合は、ハサミやカッターで除去してください。

ケガや衣服を傷つける原因になります。

スチールや鋳鉄製品は使用していくうちに酸化が進行し、サビが発生する場合がございます。

サビが一切でない仕様ではありませんので、予め多少のサビが発生する事をご了承の上お買い求めください。

また、クラッシュの製品は経年変化や劣化も素材の持つ特徴、表情の一つとして考えております。

ある程度のサビや塗装の剥がれなどは製品基準として、不良とはみなしていませんので、ご了承の上お買い求めください。

高温多湿の場所や、野外には設置しないでください。鉄の酸化を早めサビの原因になります。

天然繊維( 主にコットンやリネン) を使用しているファブリックは

布を織る際に粗い繊維やだまが混じる場合がございます。ご了承の上お買い求めください。

クラッシュではオイル仕上げの牛革を使用しています。

革製品ならではのエイジングを存分にお楽しみいただける革です。

クラッシュが使用する革は本来の風合いや質感を残すため、表面にコーティングをほとんど施していません。

そのため「ナチュラルマーク」と呼ばれる、牛が生活をしていた時についた傷などが残っているものや色味に固体差がございます。

傷や変色などを気になさるお客様にはおすすめしておりません。充分ご理解の上お求めください。

 

生活していくなかで付いた多少の傷は使っていくうちに馴染んでいきます。

他にはだせない独特の味としてお楽しみいただければ幸いです。

 

〔 特にご注意ください 〕

ご使用時張地を傷めますので、下記の点に十分注意して下さい。

※オイル仕上げの製品は、水分/ 油分に弱く、長時間放置すると輪ジミやシミの原因となります。

※整髪料は、革やAPU を傷め表面剥離の原因になります。

※ビニールまたは樹脂製品等、長時間重ねたままにすると、変色等の原因になります。

※アルコール、シンナー、ベンジン等、有機溶剤を含むものを使用しないで下さい。変色、変形の原因になります。

MAINTENANCE

普段は乾拭きで結構です。

水気のものなどをこぼした場合、固く絞った布巾ですぐに拭き取ってください。

テーブルの上で卓上コンロなどを使用される場合はテーブルクロスなどをかけてからご使用ください。

汚れがひどい時は、中性洗剤を薄めた液体を使い、布巾を固く絞ってから拭き取ってください。

そのあと、ぬるま湯に浸した布巾で洗剤を拭き取り、仕上げに乾拭きをおこなってください。

対象:オイル仕上げ/ 水性塗料/ ワックス仕上げの製品

 

オイル塗料・水性塗料で仕上げた家具は、木材そのものの風合いを活かした仕上げのため、染みや小さな傷や汚れなどがついてしまうことがあります。

本来この仕上げはお客様ご自身でメンテナンスしながら末永く使っていただくことを想定しております。

使用中にできた傷や汚れは、市販のオイルやワックスを使ってメンテナンスをすれば、見違えるほど綺麗に生まれ変わります。

※オイル/ ワックスについては、ご購入された製品の説明書をご覧ください。

 

オイルとワックスを使用したメンテナンス方法

(※ 1 例です。オイルのみ、ワックスのみのケアでも充分に対応できます。)

 

手順1

無垢材の場合はサンドペーパー#240 ~#160 で表面を木目にそって一定の方向に磨いてください。

※突板でもサンディングは可能ですが木部の厚みが薄いため、過度なサンディングは行わないでください。

 

手順2

磨いて出てきた木くずはきれいに拭き取ってください。

 

手順3

オイルをウェス( 柔らかい布※ご不要の布キレでも可) に含ませ、全体的に塗ってください。

色味や塗料の浸透具合をみながらおこなってください。

 

手順4

新しいウェスで余分なオイルを拭き取ってください。

 

手順5

手順3・4で使用したウェスは放置せずに水に浸けて水気があるうちに処分してください。

使用後そのまま放置しますと万が一、発火する恐れがございます。

かならず水に浸けてください。

 

手順6 – オイルのみを使用する場合

オイルのみを使用する場合はこのまま、半日程度放置し、乾燥させたら終了です。

色味や肌触りが格段に変化します。

 

手順6 – ワックスを使用する場合

新しいウェスを使って全体的にワックスを延ばしてください。

塗膜の張り具合を確認しながらおこなってください。

 

手順7

新しいウェスで余分なワックスを拭き取ってください。

 

手順8

半日程度放置し、乾燥させたら終了です。

 

※オイル/ ワックスについては、ご購入された製品の取扱い説明書をご覧ください。

日常のお手入れは、乾いた柔らかい布で軽く拭いてください。

拭き取りができない箇所( 縫製部分や隙間など) は毛の柔らかいブラシなどを使用し汚れをかき出すように優しくブラッシングしてください。

その際、力を強く入れて行いますと革を傷つける場合がございますので充分ご注意のうえ、おこなってください。

 

使用環境によって変わりますが、過度な汚れや傷が気になる場合は市販のオイルレザークリーナーでのお手入れをお勧めいたします。

( 方法はご購入されたクリーナーに付属された説明書を参照ください。)

日常のお手入れは、ブラシや掃除機などで縫い目や隙間のゴミを取り除いてください。

汚れがついた場合は中性洗剤を薄めた液体に浸した布巾を固く絞ってから、汚れを布に写し取るよイメージで叩くように拭いてください。

その後、水を含んだ布巾で洗剤を取り除くように同じく叩くように吹いたあと、自然乾燥を行ってください。

 

※カバーリング製品の場合は信頼できるクリーニング店にてドライクリーニングを行ってください。

TOPへ